パスポートの取り方
image

旅行といえば気軽に行える国内の旅をされる方が多いですが、まとまった休みが取れるのであればちょっと贅沢に海外旅行を行うのもよりかもしれません。
一度国外に出て他国の文化に触れるということは、TVや本などで得る知識以上の貴重な経験をされることでしょう。
しかし、海外に出るにはパスポートが必要となり、その申請には戸籍謄本や住民票、写真など用意するのに手間がかかるものが多く、不備があれば審査が通らないため注意が必要です。
特に、写真は定められたサイズで無背景、帽子やメガネをはずした素顔であること、前髪が目にってない髪型であること、フラッシュによる目の反射や赤目などが無いもの、といった非常に厳しい条件があります。
そのため、赤ちゃんや乳幼児の写真を撮る場合は、大人しく被写体になってくれることが難しいことや、泣いてしまうと目が赤くなったり涙でフラッシュの反射が発生してしまうなど、非常に作成が困難なため、プロの写真屋さんで撮って貰い、規格に沿ったものになっているか判断してもらうのがよいでしょう。
また、申請から発行まで時間がかかり、受領の際は本人が受け取ることが必須なので、パスポートの作成は時間の余裕をもって行うのがよいでしょう。